えこりん村★世界一のトマトの木〜北国里帰り②

 

 

ガイヤシンフォニーの映画で

トマトの巨木をみたことがあった

 

トマトの木がえこりん村にあるとのことで

遊びに行ってきました♪

 

なんと!!

ギネスに認定された世界一のトマト★

普通20~30個ほどしか収穫できないトマトも

「とまとの森」では1株から17,000個以上を実らせます

 

普通のタネから

水耕栽培で作られ

クラッシックを聞いている

ノンストレスなトマト達♪

 

トマトの巨木に技術的な秘密は何もありません。

また奇跡でもなんでもない。

私たちが持っているトマトに関する”常識”をちょっと変えれば、

誰にでもトマトの巨木を育てることができるのです。

 

トマトは土で育ち

一本の茎から60個実をつければ上出来だ、

という”常識”を持っている

しかし、そのトマトの姿は絶対不変のものではありません

 

今自分に与えられている環境条件、

光や栄養や水の条件を自分で理解し、

自分の成長の限界や世代交代の時期を決めているだけです。

 

トマトは”心”を持っている、と言ってもいい。

トマトに限らず全ての植物、

全ての生命は”心”=判断力を持っています。

 

私たち人間が、コントロールしている、とか作っている、

という考え方が間違っているのです

環境条件を感知し、

自らの判断で変化しながら生き続けようとする

トマトの叡智に学ぼうとする姿勢こそ必要なのです

 

 

 

 

 

1000匹の羊たちは

広大な牧草地で永遠と草を食べ続ける

これぞ牧歌的な

とても平和な風景が広がっていた

 

 

極寒の地である

北海道の人々を暖かくするために

羊毛をふわふわさせながら

草を毎日食べているんだと思ふ

 

こんなに可愛い子たちが

ジンギスカンになるだなんて

考えたくはない

 

けど美味で大好き♡

 

 

 

 

 

 

えこりん村は素晴らしく広く

アルパカ、馬、山羊、牛、リャマ、牧羊犬等

様々な動物がのどかに暮らしていた

 

30もある銀河庭園を

ミラーレス一眼で

一人自撮りしながら散策

 

平日で人もいなく

端が見えないくらいただっ広く

8月なのに寒い地を歩いてると

日本ではないような感覚になり

銀河にポツンと一人できちゃったような

感じがした

 

今度は

誰かと一緒に来たいな☆

 

 

 

 

 

 
 
旅がしたいなって行っていたら

急遽旅することになってしまった。。。

 

言葉は本当に大切

ナイフにも癒しにもなる

 

自分に人に

HAPPY魔法をかける言霊を

伝えるようしていきます

 

 

 

 

 

銀河の妖精になった気分♪

齢32歳の独り言より。。。

 

あいをこめて、陽月瞳

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください