刻印スタンプ

革細工をし始めて2年半

カービングの仕方もわからず100均の彫刻刀で彫りを入れていた

彫れれば結果は同じかな、と思ってしまう大雑把な私

随分間違っていた

 

太古の時代に生きた先住民たち

動物を狩り革細工をし、日常に取り入れていた

現代っ子の私はWEB&BOOKで勉強し、自己流よりも美しく仕上げるコツを先人たちから学んだ

 

前世の陽月は薬草を煎じ革細工をする、現在と大差ない生活をしていたのかも

過去、現在、未来はつながっていて

今周りにいる人たちも

過去でお世話になったり、未来で家族になったりする人もいるのかも

 

自分自身を慈しんで、周りの人々に感謝

そんな当たり前のことを、当たり前に出来る人になりたい

刻印スタンプやスーベルカッターを使い、牛様の皮膚に凹凸をつけていく

木づちでガンガン、ゴンゴン、ガンガン、ゴンゴン

住宅地に住んでいるので、お昼間しか出来ない作業

 

絵を描くことはライフワーク&セルフメディテーション☆

ガンガン、ゴンゴン立体に仕上げていく

モノが生まれていくこの工程が大好きで、至福を感じるの

 

 

牛さんたちに畏敬の念を込め、彫りを入れていくじ

あいをこめて。陽月瞳

    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください