札幌国際芸術祭★札幌芸術の森〜北国に里帰り①

 

 

出かける1時間前

宮崎のママから連絡があり

札幌の94歳のおばあちゃんがなくなったと電話があった

 

ボーっとしながらも

PCで福岡ー千歳の格安空港券の予約をし

翌日には夏なのに

肌寒いただ広い地に降り立っていた

 

3年前の冬

10数年ぶりにおばあちゃんに会った時

会えた嬉しさで泣いてしまった

 

大晦日に

一泊しかさせてもらえなかったけど

私は顔をみて話せてすごく嬉しかった

 

今年起業をして

動きやすくなったので

落ち着いたら北海道や海外に行こうと考えていた

矢先のことだった

 

おばあちゃんの骨を妹たちと拾っていて思い出した

パパは39歳になったばかりで天使になってしまった

 

7歳の夏、パパの骨を拾ったこと

おばあちゃんが話してくれた戦争の話

私は何もおばあちゃん孝行をしてこなかったこと

 

ごめんね、大好き♡

もう一度会ってお話ししたかった

3年前の大晦日に

バックパッカーの放浪陽月を

泊めてくれてありがとう

 

私は毎日楽しく好きなことをして

精進しながら日々を過ごしています

これから社会に還元できるくらい

強運で魅力的な人になっていくから

天国からみんなで私たちをいていてね♡

 

 

 

8歳まで住んでいた北海道

今回は1週間の滞在

 

お葬式場で宿泊させてもらったり

おばあちゃん家に宿泊2日間

(札幌の家は広くて部屋も余っているのに、宿泊させてくれないの)

ゲストハウスに宿泊な北国里帰り

 

 

札幌国際芸術祭が行われていたので

札幌芸術の森、美術館、札幌駅等を一人みて回った♪

 

私はこれからも生きていくんだもの

思いっきり時間を楽しんでいくの★


 

 


 

 

九州ではお目にかかれない

白樺たち

エゾリスのどんぐり集め

見慣れないものすごく可愛い雑草

土地が広いからこそできる彫刻展示♪

 

平日で人もいなく

8月なのに

広々寒い芸術の森

 

カーディガン1枚しか持って行かなかった陽月は

しかっり者の次女にNIKEパーカーを借りて森の中へ

 

 

こんな広くて寒い地に住んでいたことなんて

ずっと忘れていた

 

宮崎のギラギラ太陽と

ヤシの木溢れる

青い海青い空の、南国の地に

8歳から大学にいくまで住んでいたので

こんなに空気が違うことを

忘れていたの

 

 

おばあちゃんの最後の顔は

穏やかですごく美しかった

ありがとうございました♡

 
あいをこめて、陽月瞳


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください