Cambodia People

私が出会ったカンボジアの人々は謙虚でホスピタリティに溢れている、pure heartな人々。

今カンボジアバブルらしく活気があり、町や人々がパワフル。

親切にしてくれて、助けてくれてありがとうございました。

 height=
 height=
 height=

Sophia ペアさん お銀さんの会社の2人のパパ

完璧ではない英語と、クメール語が混じるので英語堪能でない私とfeelingお話しできる人。

カンボジアでは原チャリにノーヘル密着4人乗りは普通で、私もペアさんお銀さんと原付3人乗り。。。

この旅で3人のお銀さんスタッフのバイクに乗せてもらったけど、一番ペアさんにお世話になった。

ものすごく謙虚でガソリン代を払おうとしても、絶対に受け取ってもらえなかった。

この国の人はスリや泥棒が多いのかなと思ったけど、ものすごくもてなしてもらって、感謝しています。

 

買ったばかりのバイクを段ボール的なものでなんとなく巻いて、プンンペン-シュムリアップ行きの大型バス約6時間に乗せる、ペアさんドゥーイ君もバスは一緒

シュムリアップープノンペンはバンで一人移動したんだけれども、シュムリアップープノンペンの間くらいの場所で、水を撒いている前にいた車に追突!!

いいバンをお銀さんは取ってくれたみたいだけど、ワイパーが使えない車だった

土ボコリ舞う真っ暗闇の異国の地でバンから追い出されること約1時間

たまたま通りかかったバンに2$で乗せてもらうことに☆

諭吉は持っていたが、$を切らしていて私を置いて行かないでとギャーギャー騒いでいたら、同じ事故車バンに乗っていた日本人旅行者が払ってくれた。

みんな優しい♡

異国の地で$切らしている私が悪いのだけど。。。

 

 height=
 height=
 height=
 height=
 height=

ドゥーイ君 お銀さんの会社の人

クメール語と片言の単語英語が話せる、ピュアで素直な子

数日後には僕は瞳のson、瞳はmomeyと言っている自由な子

顔がカンボジア人のように濃いが色が白い私が珍しいらしく、初めはずっと私を直視していた。。。

 

写真はKTVというカンボジアで流行っているシンセサイザーの演奏に合わせて、派手派手ライトが点滅する中、屋外の舞台で歌い踊るというスタイルのもの。歌詞はないので、皆何曲も歌詞を覚えている

カンボジアの人々はすごく謙虚なので初めは遠慮して歌わなかったので、私とお銀さんでシンセの兄ちゃんが知っている曲を歌うことに。

世界的に有名なタイタニックのセリーヌ・ディオンの歌を屋外で熱唱

歌を止めると、シンセの兄ちゃんも合わせて止まりさらに分からなくなるという状況でしたが、面白い経験ができた。

私がシーフードが好きというのをお店に伝えていたらしく、食事はものすごい量の魚、おもてなしの心にキュン♡

 height=

カッカダン 木工職人

お銀さんの会社スタッフではないが、仕事がなくなるとお銀さんのところに寄ってくる

シュムリアップのゲストハウスを手伝ったり、ゲストハウスに彼女を連れ込んでた

 

カンボジアの人たちは本当に子どもみたいに自由で平気で仕事を休み、ある日ケロッと出勤してくるらしい。。。

手を洗うこと、清潔にすることがわからなかったり、毎日学校や仕事に行くことより自分の都合を優先する

お金が入れば全て使うか親戚中に渡してしまう

ポヤーッと受けてきた日本の学校教育は実はものすごく大切なことで、素晴らしいことだということが異国の地に来て改めて知った

 

魔女友カンボジアのマザー銀がいれば、この国にHAPPY魔法をかけてくれるはず

薬草たちや言霊の力を借りて、瞳も日本でできることをしていきます

 height=
 height=

シュムリアップのトゥクトゥクの兄ちゃん

すごく優しく謙虚な子

皆でKTVに行ったり、トゥクトゥクでアンコール遺跡を回ってくれた

アンコール遺跡はとても広く、場所移動はこのお兄ちゃんに頼りっぱなし

英語にクメール語が混じっていて話が伝わりにくかった

カンボジアの人々はトイレをWCというので、WCに行きたいって言ったら伝わらず謎の遺跡で降ろされてしまった

トイレは人に聞きながらも自力で探したが、3時間くらいマヤ遺跡的なところを彷徨ってしまった

違うトゥクトゥク兄ちゃんを捕まえて、お銀さんゲストハウスに行こうかとも思ったけど、場所がわからないし私の英語力じゃ伝わらない。

何としてもあのトゥクトゥク兄ちゃんを探さねばと思い念じてみたら、すぐに出会えた。

WiFiや電話よりテレパシーが功を奏する!!

 height=
 height=
 height=
 height=
 height=

 

げんきさんとけんじさん 博多食堂にゃむ

げんきさんは大学も一緒で日本でもお銀さん達と一緒に飲みに行ったり、お店つくりを手伝っていた時などお世話になっているので、久々に会えてよかった

げんきさんの作るご飯がすっごく美味しく、日本食をカンボジアの人々に伝えていて嬉しかった

カンボジアの料理は1$くらいで安いのですが、すべての料理に添加物だらけの日本の「味の素」を調味料として入れている

日本人も味の素は昔ほど使わないんじゃないかな

少なくともナチュラリスト瞳アトリエには常備してません

 

お銀さん達が営んでいるCafeや居酒屋は味の素は使わず、だしを使っているので美味です

Nyo Nyam Shop Cafe&galleryはプノンペン市内とイオンの中に入っています

懐かしのhug hug屋さんを大きくしたバージョンのようなNyo Nyam shop

カンボジアに行った際はぜひ遊びに行ってみてください

 

Cafeにいる2歳半の可愛いダリアちゃん♡

まだおしゃべりできせんが、一緒に遊んでいて太ももの付け根を噛まれた。。。

 

 height=
 height=
 height=

大好きな魔女友銀子さん♡

カンボジアのマザー銀 (菩薩様みたいな慈愛とHAPPYを持った人だから,瞳はそう呼びたい)

5年前、ハーブアロマコーディネーターで半年間毎日一緒だった銀子さん。

今はプノンペンのCafe&雑貨屋Nyo Nyam shop、博多食堂にぁむ、イオンの中に雑貨屋Nyo Nyam shop、2ヶ月前から始めたシュムリアップゲストハウス(瞳ゲスト第1号)、2Dデザイン仕事、3D建築仕事、畑で薬草委託管理等々ものすごく忙しそう。。。

日本でもいつも忙しそうだったが、カンボジアで更にpowerUPなお銀さんはかっこよすぎです☆

私もpowerUPしていこ、楽しんでいこ♡

銀子さんいつもありがとうございます♡

 

 

あいをこめて、陽月瞳

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください