スミレとパンジーとミニフラワーと

 

スミレとパンジーとミニフラワーたち

レザーと天然石のピアスイヤリング

 

 

子どもの頃赤毛のアンを読んで

ニオイスミレがよく出てきていて

どんな花かずっと気になっていた

 

 

ハーブの学校で勉強したニオイスミレ

スミレを氷漬けにし

夏のサイダー等の彩りにしたり

砂糖漬けにしたり

 

ニオイスミレの種と根には毒が含まれていて、

危険なので食べるときは花と葉だけにしておいてくださいね 

 

栄養はあまりないけど

見目が可愛いし

非常に香が強く

1つの花を飾っておくだけで室内に香が満ちるほどの強い香を放つ花

 

ニオイスミレ

紀元前320年ごろにはすでにギリシャなどで栽培され

アテネを象徴する花とされた

美の女神アフロディーテの花として恋の妙薬に使われたり

宴席では二日酔いを防ぐために花冠に

中世ヨーロッパでは、うつむいて咲く姿から清純と謙譲のシンボル

聖母マリアに捧げられた

ビクトリア朝時代の英国でも澄んだ芳香と可憐な美しさが好まれ

紳士や淑女たちは花売り娘から買ったニオイスミレの花束を身につける習慣があった

花だけでなく葉にも香りがあり、香水の原料となる

 

ニオイスミレの花言葉が素敵

高尚、秘密の恋、控えた美しさ、奥ゆかしさ

 

控えた美しさと奥ゆかしさがあれば

高尚な殿方と秘密の恋が成就するはず

ぜひ身につけてみてください

 

 

 

 

 

 

来週京都に持っていくので

小さめレザーアートを大量に作っています

旅仕事楽しみ♡

 

 
Creema   https://www.creema.jp/c/yougetuhitomi

 

 

大胆で大雑把な私・・・

 

控えた美しさと奥ゆかしさがが手にはいれば

無敵な気がする♡

↑この思想が奥ゆかしくない。。。

 
あいをこめて、陽月瞳


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください